生理周期と頭痛の理由

頭痛が生理の周期に合して発症することもあります。

あるアンケート結果では53パーセントの人に対して生理中、もしくは生理前後に頭痛が出てくるという結果があります。

生理と頭痛の関係とはいったいどのようなものがあるのでしょうか?

体の中の女性ホルモン量の関係

生理で関係するホルモンはエストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモン、プロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンがあります。

どちらも排卵日から減少して、徐々にそこから増加していき、生理の開始日がピークで減少していきます。

減少したり、増加したりなどのホルモンが変動するときに頭痛が起こるといわれています。
これらのホルモンは脳内の血液量に関係しているからだといわれています。

脳内の血液量が増加することによって血管が拡張していきますので、それに合して痛みが増加してしまうのです。

特に生理が始まる直前からホルモン量が急激に低下していきますので、生理前と生理後では生理前の方が頭痛の痛みが強いといわれています。
生理が終わるころにはホルモン量も徐々に増加していきますので、痛みが和らいでいく傾向にあります。

もちろんこれは人によって違いますので、生理前後・生理中に頭痛が強く出る人、全く痛くならないような人、それぞれ症状が違います。
男性の場合はホルモンの量は一定ですので、ホルモンバランスが不安定になるための頭痛というのもはありません。

どのような痛みがあるのか

頭痛といってもその痛みは様々なです。

生理前後の痛みは血管の拡張によっておこる痛みですので、ずきずきとした痛みが多いといわれています。

脈拍が大きくなっていることもあり、脈拍に合して痛みが続くということもあります。
また、これも脈拍の関係ですが、目の前がまぶしくチカチカとした感じになったり、吐き気などのおう吐を行うこともあります。

どのような対策方法があるのか

痛みに対しての対策としては、鎮痛剤が一番効果的であるといわれています。

特に痛みを取る作用の強いものを飲めばすぐに痛みが消えるといわれていますので、どうしても我慢ができないとき、仕事などで集中できないときは薬を服用しましょう。

また、薬が苦手な方や、薬に頼りたくない人はできるだけ動かないようにすることが大切になってきます。

生理前後の頭痛の痛みは血管の拡張による痛みが大半ですので、動いてしまいますとさらに血管が拡張されて痛みが増加する可能性がありますので、安静にすることをお勧めします。

生理 頭痛対策として、偏頭痛薬や鎮痛剤を飲むという方法がありますが、ハーブを使ったサプリなどで予防につとめるという方法もあるようです。

頭痛によく効くハーブとマグネシウム

頭痛に悩まされている人はハーブとマグネシウムによって改善されることがあるといわれています。

薬を飲んで痛みを和らげているとどうしても、体に負担がかかってしまったり、慢性的服用していくことによって効果が薄れていくこともありますので、ハーブやマグネシウムの方が良いこともあります。

頭痛に効果のあるハーブ

頭痛の原因として多いのは、ストレスや睡眠不足、生活リズムの乱れ、肩こり、首のコリです。
これらは、ある意味リラックスが足りない状況でもありますので、ハーブによってリラックスをして頭痛を和らげる目的を持ちます。

また、偏頭痛や緊張性の頭痛どちらも血管が委縮したり、拡張したりすることによって起きる頭痛ですので、血管が激しく動くことを防ぐ、リラックスさせる役割がハーブは持っています。

効果のあるハーブとしてはナツシロギク=フィーバーフュー、オオイタドリ=大痛取、ペパーミントオイルといったハーブがあります。

フィーバーフュー

ナツシロギク=フィーバーフューは、解熱作用があり、痛みを緩和してくれる作用があります。苦みが強いですので、サプリメントで服用している人が大半です。

オオイタドリ

オオイタドリ=大痛取は文字通り痛みを取ってくれる作用があります。
鎮痛や炎症を抑える働きがあります。

また、漢方などでも使用されていますので、安全に摂取することができます。

ペパーミントオイル

ペパーミントオイルは頭をすっきりとさせる効果があり、痛みに辛い時に気分転換、リフレッシュの効果があります。

頭痛に効果のあるマグネシウム

マグネシウムは頭痛に効果があるとされています。
これは科学的にも立証されている効果であり、頭痛に悩まされている人がマグネシウムを服用すると完治したという報告もあるほどです。

マグネシウムの主な効果としては、血管の拡張、委縮を円滑にする効果があります。つまり血管の緊張をほぐして、柔らかくするのです。

頭痛の原因としては血管の収縮があります。血管が広がったり、小さくなったりする動きによって痛みが出てくるのです。そのため。マグネシウムを服用することによって、その動きを円滑にして、痛みが出ないようにしてくれます。

マグネシウムの多い食材としては、なまこが最も多いといわれており、しらす、にがり、大豆、いわしなどに多く含まれています。

マグネシウムにしてもハーブにしても、効果は人それぞれですが、頭痛に悩んでいるのなら一度試してみても良いですね。

年齢と頭痛の関係

頭痛は大人に多いのですが、子供でも発症することはあります。
また、大人になっても高齢になると痛みが和らいでくるといったこともあります。

年齢と頭痛はどのような関係があるのでしょうか?

子供の頭痛

子供でも偏頭痛などの頭痛を持つ人もいます。子供の頭痛は頭痛以外の症状を併発している場合があります。

一番多い症状としては、立ちくらみのような症状です。

急に眼の前がチカチカとしたりして、同時に頭痛が出てくるというものです。

10代で起きる偏頭痛は他の病気を併発していることがありますので、もし頻繁に頭痛を訴えるようであれば病院受診をするようにしましょう。

20代、30代、40代が頭痛のピーク

全年齢で見ていくと20代から40代の方の頭痛が一番強く症状が出るといわれています。
継続的に起こる頭痛や、急に襲ってくる単発的な頭痛まで種類は様々まであります。

中には仕事に支障が出たり、日常生活に支障が出る人もいますので、人によっては薬を服用したりして対策をしている人も多いです。

特に20代で頭痛を発症する人が最も多いとされていますので、20代から頭痛が始まり30代がピーク、40代で少し落ち着くというような流れを持つ人が多いです。

50代、60代になると徐々に収まってくる。70代では症状が消えることも

40代を過ぎて50代以降になりますと、徐々に頭痛の症状は治まってきます。

これははっきりとした原因は解明されていませんが、年を重ねていくと血管が硬くなるので、収縮が少なくなるからといわれています。

頭痛の一番の原因は血管の収縮が大きくなるからです。そのため、血管が硬くなるといわれている年齢が50代以降ですので、頭痛が収まる、和らぐ傾向にあるのです。

そのため、70代になるとさらに血管は硬くなり、80代でも硬くなる…90代はさらに硬くなるといったように、年齢をある程度重ねていくと偏頭痛が消失することもあります。

高齢者になりますと、偏頭痛に悩まされる人は極端に少なくなるのはこれが理由でもあります。

そのため、逆に頭痛で悩んでいる高齢者がいた場合は、他の病気を疑いましょう。

例えば脳梗塞、脳出血がある場合は、頭痛が起きる可能性がありますので、頻繁に頭痛を訴える場合や、急な頭痛を訴える場合は病院への受診をお勧めします。

頭痛は、頭の異常を知らせてくれるサインでもあります。通常の頭痛であれば問題ないのですが、子供や高齢者が頻繁に頭痛を訴える場合は注意しておきましょう。

月経症候群(PMS)と頭痛

PMSとは月経前症候群といい、生理が始まる前に起こる症状のことです。
具体的には生理日より2週間前から起こるといわれています。

PMSと頭痛には深い関係があるといわれていますが、どういった関係性があるのでしょうか?

PMSの症状は人によって様々、一定していない

PMSの症状としては頭痛などの身体的な症状以外に、精神的な症状もあります。
イライラしたり、不安が高まったり、無気力になったりすることがあります。

頭痛以外の症状としては、下痢や腹痛、にきび、食欲増進などがあります。
身体的にも精神的にも変化があり、ほとんどが負担、不快に感じますので、PMSに悩まされる人は多いといわれています。

また、人によって症状は違って、興奮したり、便秘になったりなどすることがあります。

PMSの原因ははっきりと解明されていない

PMSがなぜ起こるのか、どのようなメカニズムで発生するのかははっきりと原因が解明されていません。
おそらくホルモンの影響だといわれていますが、具体的に何が原因なのかわかっていません。

予想されていることとしては、プロゲステロンと呼ばれる、体の中の新陳代謝や水分代謝を管理しているホルモンが減少するために、身体的な不安定さがでるといわれています。

また、体内にあるセロトニン(幸せを感じる物質)が低下することによって精神的に落ち込みやすくなるともいわれています。

頭痛を感じる人は全体の60パーセント以上

ある調査では生理前に頭痛を感じる人は全体の60パーセント以上に上るとされています。
これは他の症状に比べても多い数字であり、多くの人が頭痛に悩まされていることがわかります。

また、頭痛の強さも人によって違い、弱い人は若干の痛みを感じる程度であり、特に日常生活に支障をきたすことはありませんが、強い人では日常生活に支障をきたすこともあります。

頭を鈍器で殴られたような強い痛みや、頭の中を針で刺されたような強い痛みを感じる場合もあり、それが原因で仕事を休んだり、強めの鎮痛剤服用をすることもあります。

また、頭痛が酷い場合は、ストレスを日常的に感じていたり、頭痛に対して億劫になっていたりが原因となっていることもありますので、きちんと休息をとっておくことも大切になります。

また、鎮痛剤などは長期的に服用をすると効果が効きにくくなってきますので、どうしても我慢できないときなどと、自分で服用するルールを決めておくことも大切なことになります。

噛み合わせと頭痛

かみ合わせが悪いと頭痛が起きるといわれています。噛み合わせと頭痛の関係はどのようなものがあるのでしょうか。

頸椎に負担がかかってくる

頭痛の原因として代表的なものとしては、頸椎の変形や負担があります。
頸椎に異常が起これば頸椎と深く関係している頭に痛みが出てくるというものです。

噛み合わせが悪いと頸椎に負担がかかり、変形、それが頭痛に繋がるのです。
歯は頭を支える役割があります。頭は人間の体の部分でも最も重いとされており、重い人では10キロ近い重量があります。
それを支えるのは頸椎ですが、実は歯でも支えているのです。

そのため、歯の噛み合わせが悪いと頭の重さを支え切らずに頸椎に負担がかかるのです。
具体的にいうと歯並びが悪い場合は、頭が前に出て頸椎が前にいがむ、猫背になりやすいのです。

ちなみに猫背の人で頭痛を発症している人は非常に多いといわれています。

治療方法について。歯列矯正が有効

歯列矯正は噛み合わせを治すのに非常に有効な方法になります。奥歯を削ったり、矯正をしたり、インプラントを埋め込んだりなど様々な方法があります。

メリットとしては、一度治療をしてしまえばその後は特に触らなくても問題ないということです。効果が長いのです。

デメリットとしては、やり方や、歯の場所によっては費用や時間が非常にかかってくるということです。
また、状態によっては歯列矯正を受けることができない場合がありますので事前の確認も必要になります。

治療方法について、テンプレートを使用する

歯列矯正でそこまで金額がかけられない、歯を触るのが苦手だという人にとっては、テンプレートという治療方法がお勧めです。

テンプレートとはマウスピースのようなものを歯に入れて、噛み合わせを改善させるという方法です。

これは主に寝るときに使われることが多く、寝るときは歯を無意識に噛みしめたりすることがありますので、それを防止するためにテンプレートを装着して睡眠をとります。

テンプレート自体は保険も効きますし、費用も少なくて済みますので頭痛に悩まされている人は是非使用してみることをお勧めします。
人によっては一晩で効果があるという人もいます。

デメリットとしては、違和感があります。人によっては寝るとき付けると気になって寝れないという場合もありますので、最初は違和感があるかもしれません。

しかし、慣れれば大丈夫ですので最初の数日は我慢して使用するようにしましょう。

市販薬と処方薬

頭痛で薬を服用する人は非常に多いと思いますが、市販薬を飲む人、処方薬を飲む人それぞれ分かれるかと思います。
頭痛が起きたときは市販薬と処方薬どちらが適しているのでしょうか?
メリット、デメリットでご紹介していきます。

市販薬のメリット、デメリットについて

市販薬のメリットは、手に入れやすいということが一番に挙げられます。
薬局に行けばありますし、最近ではコンビニでも手に入れることができます。

頭痛の時はできるだけ動きたくないと感じている人も多いですので、気軽に手に入れることができる市販薬は適しているといわれています。

また、市販薬の中には睡眠作用があるものも含まれているものがありますので、頭痛を抑えてゆっくりと寝れるというメリットもあります。

デメリットとしては、効果が弱いところがあります。

市販薬は処方無しで購入することができますので、誰でも使用ができるようにある程度効果が抑えられているのです。

そのため、処方薬を比べても効果が薄いことがあり、人によってはあまり効果を感じない場合がありますので注意しましょう。

市販薬で代表的なものとしては、イヴやバファリンなどの痛みを取る作用のもの、最近人気のあるものとしては処方薬から発生したロキソニンSがあります。

処方薬のメリット、デメリットについて

処方薬のメリットとしては、金額が安いこと、効果が高いことが挙げられます。市販薬に比べて保険が効きますので、市販薬の半額以下で処方してもらうことができます(診察代がかかりますが、それでも安いです)。

また、効果も市販薬に比べても高いですし、余計なものが配合されていませんので、眠くなったりすることも少ないです。
強い痛みに悩まされている場合は処方薬がお勧めだといえます。

デメリットとしては、医師に診察をしてもらうわないと薬をもらうことができないということです。そのため、仕事などで忙しい方や、医者に診てもらうのが苦手な方などは入手に手間を感じる場合があります。

また、処方はあくまでも医師の診断の元行われますので、医師が必要ないと判断した場合はもらえないこともありますので理解しておきましょう。
処方薬として多いのは、ロキソニン、カロナールやブルフェン、ボルタレンなどが有名ですね。

結局市販薬と処方薬ではどちらが良いのか

市販薬と処方薬ではどちらが良いのかということですが、これは本人の状況などによって異なります。
デメリットやメリットを良く理解しておくようにしましょう。
3
また、近年では市販薬でも処方薬並みに効果の強い薬も販売されていますので、そういった薬を購入するのも良いかと思います。
また、薬は飲みすぎると体に体性ができてしまって、効きにくくなる可能性がありますので十分注意しておきましょう。