頭痛によく効くハーブとマグネシウム

頭痛に悩まされている人はハーブとマグネシウムによって改善されることがあるといわれています。

薬を飲んで痛みを和らげているとどうしても、体に負担がかかってしまったり、慢性的服用していくことによって効果が薄れていくこともありますので、ハーブやマグネシウムの方が良いこともあります。

頭痛に効果のあるハーブ

頭痛の原因として多いのは、ストレスや睡眠不足、生活リズムの乱れ、肩こり、首のコリです。
これらは、ある意味リラックスが足りない状況でもありますので、ハーブによってリラックスをして頭痛を和らげる目的を持ちます。

また、偏頭痛や緊張性の頭痛どちらも血管が委縮したり、拡張したりすることによって起きる頭痛ですので、血管が激しく動くことを防ぐ、リラックスさせる役割がハーブは持っています。

効果のあるハーブとしてはナツシロギク=フィーバーフュー、オオイタドリ=大痛取、ペパーミントオイルといったハーブがあります。

フィーバーフュー

ナツシロギク=フィーバーフューは、解熱作用があり、痛みを緩和してくれる作用があります。苦みが強いですので、サプリメントで服用している人が大半です。

オオイタドリ

オオイタドリ=大痛取は文字通り痛みを取ってくれる作用があります。
鎮痛や炎症を抑える働きがあります。

また、漢方などでも使用されていますので、安全に摂取することができます。

ペパーミントオイル

ペパーミントオイルは頭をすっきりとさせる効果があり、痛みに辛い時に気分転換、リフレッシュの効果があります。

頭痛に効果のあるマグネシウム

マグネシウムは頭痛に効果があるとされています。
これは科学的にも立証されている効果であり、頭痛に悩まされている人がマグネシウムを服用すると完治したという報告もあるほどです。

マグネシウムの主な効果としては、血管の拡張、委縮を円滑にする効果があります。つまり血管の緊張をほぐして、柔らかくするのです。

頭痛の原因としては血管の収縮があります。血管が広がったり、小さくなったりする動きによって痛みが出てくるのです。そのため。マグネシウムを服用することによって、その動きを円滑にして、痛みが出ないようにしてくれます。

マグネシウムの多い食材としては、なまこが最も多いといわれており、しらす、にがり、大豆、いわしなどに多く含まれています。

マグネシウムにしてもハーブにしても、効果は人それぞれですが、頭痛に悩んでいるのなら一度試してみても良いですね。