噛み合わせと頭痛

かみ合わせが悪いと頭痛が起きるといわれています。噛み合わせと頭痛の関係はどのようなものがあるのでしょうか。

頸椎に負担がかかってくる

頭痛の原因として代表的なものとしては、頸椎の変形や負担があります。
頸椎に異常が起これば頸椎と深く関係している頭に痛みが出てくるというものです。

噛み合わせが悪いと頸椎に負担がかかり、変形、それが頭痛に繋がるのです。
歯は頭を支える役割があります。頭は人間の体の部分でも最も重いとされており、重い人では10キロ近い重量があります。
それを支えるのは頸椎ですが、実は歯でも支えているのです。

そのため、歯の噛み合わせが悪いと頭の重さを支え切らずに頸椎に負担がかかるのです。
具体的にいうと歯並びが悪い場合は、頭が前に出て頸椎が前にいがむ、猫背になりやすいのです。

ちなみに猫背の人で頭痛を発症している人は非常に多いといわれています。

治療方法について。歯列矯正が有効

歯列矯正は噛み合わせを治すのに非常に有効な方法になります。奥歯を削ったり、矯正をしたり、インプラントを埋め込んだりなど様々な方法があります。

メリットとしては、一度治療をしてしまえばその後は特に触らなくても問題ないということです。効果が長いのです。

デメリットとしては、やり方や、歯の場所によっては費用や時間が非常にかかってくるということです。
また、状態によっては歯列矯正を受けることができない場合がありますので事前の確認も必要になります。

治療方法について、テンプレートを使用する

歯列矯正でそこまで金額がかけられない、歯を触るのが苦手だという人にとっては、テンプレートという治療方法がお勧めです。

テンプレートとはマウスピースのようなものを歯に入れて、噛み合わせを改善させるという方法です。

これは主に寝るときに使われることが多く、寝るときは歯を無意識に噛みしめたりすることがありますので、それを防止するためにテンプレートを装着して睡眠をとります。

テンプレート自体は保険も効きますし、費用も少なくて済みますので頭痛に悩まされている人は是非使用してみることをお勧めします。
人によっては一晩で効果があるという人もいます。

デメリットとしては、違和感があります。人によっては寝るとき付けると気になって寝れないという場合もありますので、最初は違和感があるかもしれません。

しかし、慣れれば大丈夫ですので最初の数日は我慢して使用するようにしましょう。