生理周期と頭痛の理由

頭痛が生理の周期に合して発症することもあります。

あるアンケート結果では53パーセントの人に対して生理中、もしくは生理前後に頭痛が出てくるという結果があります。

生理と頭痛の関係とはいったいどのようなものがあるのでしょうか?

体の中の女性ホルモン量の関係

生理で関係するホルモンはエストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモン、プロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンがあります。

どちらも排卵日から減少して、徐々にそこから増加していき、生理の開始日がピークで減少していきます。

減少したり、増加したりなどのホルモンが変動するときに頭痛が起こるといわれています。
これらのホルモンは脳内の血液量に関係しているからだといわれています。

脳内の血液量が増加することによって血管が拡張していきますので、それに合して痛みが増加してしまうのです。

特に生理が始まる直前からホルモン量が急激に低下していきますので、生理前と生理後では生理前の方が頭痛の痛みが強いといわれています。
生理が終わるころにはホルモン量も徐々に増加していきますので、痛みが和らいでいく傾向にあります。

もちろんこれは人によって違いますので、生理前後・生理中に頭痛が強く出る人、全く痛くならないような人、それぞれ症状が違います。
男性の場合はホルモンの量は一定ですので、ホルモンバランスが不安定になるための頭痛というのもはありません。

どのような痛みがあるのか

頭痛といってもその痛みは様々なです。

生理前後の痛みは血管の拡張によっておこる痛みですので、ずきずきとした痛みが多いといわれています。

脈拍が大きくなっていることもあり、脈拍に合して痛みが続くということもあります。
また、これも脈拍の関係ですが、目の前がまぶしくチカチカとした感じになったり、吐き気などのおう吐を行うこともあります。

どのような対策方法があるのか

痛みに対しての対策としては、鎮痛剤が一番効果的であるといわれています。

特に痛みを取る作用の強いものを飲めばすぐに痛みが消えるといわれていますので、どうしても我慢ができないとき、仕事などで集中できないときは薬を服用しましょう。

また、薬が苦手な方や、薬に頼りたくない人はできるだけ動かないようにすることが大切になってきます。

生理前後の頭痛の痛みは血管の拡張による痛みが大半ですので、動いてしまいますとさらに血管が拡張されて痛みが増加する可能性がありますので、安静にすることをお勧めします。

生理 頭痛対策として、偏頭痛薬や鎮痛剤を飲むという方法がありますが、ハーブを使ったサプリなどで予防につとめるという方法もあるようです。