市販薬と処方薬

頭痛で薬を服用する人は非常に多いと思いますが、市販薬を飲む人、処方薬を飲む人それぞれ分かれるかと思います。
頭痛が起きたときは市販薬と処方薬どちらが適しているのでしょうか?
メリット、デメリットでご紹介していきます。

市販薬のメリット、デメリットについて

市販薬のメリットは、手に入れやすいということが一番に挙げられます。
薬局に行けばありますし、最近ではコンビニでも手に入れることができます。

頭痛の時はできるだけ動きたくないと感じている人も多いですので、気軽に手に入れることができる市販薬は適しているといわれています。

また、市販薬の中には睡眠作用があるものも含まれているものがありますので、頭痛を抑えてゆっくりと寝れるというメリットもあります。

デメリットとしては、効果が弱いところがあります。

市販薬は処方無しで購入することができますので、誰でも使用ができるようにある程度効果が抑えられているのです。

そのため、処方薬を比べても効果が薄いことがあり、人によってはあまり効果を感じない場合がありますので注意しましょう。

市販薬で代表的なものとしては、イヴやバファリンなどの痛みを取る作用のもの、最近人気のあるものとしては処方薬から発生したロキソニンSがあります。

処方薬のメリット、デメリットについて

処方薬のメリットとしては、金額が安いこと、効果が高いことが挙げられます。市販薬に比べて保険が効きますので、市販薬の半額以下で処方してもらうことができます(診察代がかかりますが、それでも安いです)。

また、効果も市販薬に比べても高いですし、余計なものが配合されていませんので、眠くなったりすることも少ないです。
強い痛みに悩まされている場合は処方薬がお勧めだといえます。

デメリットとしては、医師に診察をしてもらうわないと薬をもらうことができないということです。そのため、仕事などで忙しい方や、医者に診てもらうのが苦手な方などは入手に手間を感じる場合があります。

また、処方はあくまでも医師の診断の元行われますので、医師が必要ないと判断した場合はもらえないこともありますので理解しておきましょう。
処方薬として多いのは、ロキソニン、カロナールやブルフェン、ボルタレンなどが有名ですね。

結局市販薬と処方薬ではどちらが良いのか

市販薬と処方薬ではどちらが良いのかということですが、これは本人の状況などによって異なります。
デメリットやメリットを良く理解しておくようにしましょう。
3
また、近年では市販薬でも処方薬並みに効果の強い薬も販売されていますので、そういった薬を購入するのも良いかと思います。
また、薬は飲みすぎると体に体性ができてしまって、効きにくくなる可能性がありますので十分注意しておきましょう。